都心からの距離、立地場所の地価に大きく左右

  • By asmile
  • 2014年8月28日
  • コメントは受け付けていません。

西区内の第5グループの住宅団地には,学校や民間企業の寮,民
間企業の社宅や寮,運送業者の社宅を含むものがあるため,他の住宅団地とは
性格を異にする。また自治体や公共機関により開発された住宅団地には,公営
住宅や公務員宿舎を団地内に設置するものが多いため,他の住宅団地と異なっ
た居住者構成となるものが多い。

5.居住地域構造の分析
広島市における住宅団地の開発経過を明らかにし,それらの住宅団地の居住
人口特性から,住宅団地における居住地域構造を分析した結果は以下のように
要約される。

ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。

居住特性を表すと考えられる変数を用いて因子分析を行った結果,9因子が
抽出され,説明量が多く因子の解釈が容易な上位3因子に関して考察した。3
因子はその因子負荷量構成から,それぞれ住宅状況因子,年齢構成因子,雇用
上の地位因子と解釈される。従来の都市域全体を対象とした因子生態分析では,
社会経済的地位と家族状況を示す因子が基本的2大因子であることが認められ
ているが,住宅団地においてもそれらの因子が抽出される。しかし,住宅団地
においては学歴や社会経済的差異より住宅状況や年齢別人口構成に関する因子
の説明量が多いのは,住宅の市場性の高まりにより経済的要因が重要となった
ためであると考えられる。また,住宅団地居住者の年齢別人口構成は,入居時
の年齢,世帯人員構成がそれぞれ密接に関係する。

住宅団地の住宅状況は,都心からの距離と主に関係する立地場所の地価に大
きく左右され,開発時期による差異はあまり重要ではない。一方,団地居住者
の年齢別人口構成は開発時期に大きく影響を受けている。

EC008_L

Categories: 未分類

Comments are closed.