二世帯同居

  • By asmile
  • 2014年7月9日
  • コメントは受け付けていません。

大分大学の片岡正喜らは二世帯同居で親(六○歳以上)の生活拠点、つまり一日のうちの滞在時間が長くしかも団らん・接客・読書・テレビ視聴・趣味・昼寝などの行為がおこなわれる場所について報告しています。それによると都市部でも農村部でも、基本的に親世代は子供との共同の居間を中心にし、それに寝室か趣味室が付け加わるという空間の使い方をしているようです。これは親世代の住まいが離れになっている場合も同じです。むしろ空間利用に影響を与えるのは親世代が夫婦健在か一方が既に死亡しているかという条件でした。つまり、夫婦健在の時は共同居間が生活拠点となりますが、一方が欠けると寝室の重要性が増してきます。そして子供世帯との拠点の重なりも、夫婦健在では重なりますが、一方が欠損すると拠点は別の場所になるようです。昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、←こちらのサイトからたくさん見られます。このように同居の場合、老夫婦の一方が欠けることは高齢者の住み方を「子供の生活空間の一部に間借りしている」ような状態にするといえるかもしれません。

雇用者世帯が市街地周辺に多いのは,先に述べたように,各種企業の社宅や公務員宿舎などの棟を含む給与住宅がこのグループ内の住宅団地に多いためである6)。
第4グループ(郊外の自営業者世帯グループ)第4グループは31団地により構成され,第1因子が正の得点,第3因子が高い負の得点を示す点で共通し,郊外の広い持ち家に居住する自営業者世帯7)

が多い住宅地群である。このグループに属する住宅団地は,安佐南区,安佐北区などの郊外地域の新市域に多く,大規模開発で山間部に飛び地的分布を示すものが多い。

EZ160_L

Categories: 未分類

Comments are closed.